レシピ

【ヒルナンデス】「バラ餃子」簡単なのに可愛すぎる!おうちカフェレシピ


2020年6月29日(月)のヒルナンデスはおうちカフェシリーズ第2弾!!

前回に引き続き、エハラマサヒロさん家族が挑戦してくれましたよ。

 

今回は餃子を女性の好きなお花「バラ」に見立てた「バラ餃子」です。

餃子とバラが結びつかない方も多いと思います。(笑)

 

さっそく詳しく見ていきましょうね。

Contents

【ヒルナンデス】「バラ餃子」簡単なのに可愛すぎる!おうちカフェレシピ

バラ餃子のレシピ

材料(餃子6~8個分)

・豚ひき肉 80g
・にんにく 1/2かけ
・生姜 1/2かけ
・ごま油 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/2
・酒 小さじ1/2
・片栗粉 小さじ1/2
・塩 小さじ1/2
・コショウ 少々

・キャベツ 90g
・にら 15g

・餃子の皮 1袋(約25枚)※薄皮がオススメ

・油 適量

 

作り方

①ひき肉に調味料(にんにく、生姜、ごま油、砂糖、酒、片栗粉、塩、コショウ)を入れよく練り合わせる。

<ポイント>
まずひき肉に味をつけることで、あんが水っぽくならない。

 

②みじん切りにした野菜を加え、軽く混ぜ合わせる。

包む時の為に、野菜は細かく刻んだ方がいい。

<ポイント>
あんはすぐ包まず、冷蔵庫で約1時間寝かすと味がなじみやすい。

 

③餃子の皮を3~4枚横に重なるように並べ、皮が重なる部分に水をつけてつなぐ。

 

④あんを中央よりやや手前に、細長くのせる。

あんが多すぎると巻きにくいので、20g(指の太さ位)を目安にのせる。

<ポイント>
薄皮餃子の方が巻きやすく出来上がりが美しい。

 

⑤皮をあんが隠れるくらいめくり、今度は端からくるくると巻いていく。

巻終わりは水をつけて皮をとめる。

 

⑥フライパンに油を引いて餃子を並べ、軽く焼き目が付いたら餃子が1/3つかる程度水を注ぎ、フタをして強火で蒸し焼きにする。

 

⑦水分がなくなったら、餃子の上からごま油を回しかけこんがり焼き目をつける。

そのまま食べても美味しいですよ。

 

皆の「バラ餃子」の写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆいちん(@x.yui.yui.x)がシェアした投稿


餃子1個につき、皮3枚使っているそうです。

ホットプレートだと一気にたくさん焼けていいですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

のだこ(@nodanodako)がシェアした投稿


お弁当のおかずにもぴったり。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

想吃担担面(@rairai9867)がシェアした投稿


名古屋のお店でもバラ餃子を出しているところがあるみたいです。

こちらは中の具が見えないように、皮がぴったり閉じてあります。

これも可愛い。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shuko(@hososhu122)がシェアした投稿


母の日の定番料理になりそうですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KAY(@ke_cooking)がシェアした投稿


こちらはスイートポテトだそうです。

具のアレンジも色々できそうですね。

 

おわりに:【ヒルナンデス】「バラ餃子」簡単なのに可愛すぎる!おうちカフェレシピまとめ

「【ヒルナンデス】「バラ餃子」簡単なのに可愛すぎる!おうちカフェレシピ」をご紹介しました。

餃子をヒダにして包むのはちょっとむずかしいけど、これなら簡単にできそうです。

中の具もアレンジしたり、ホームパーティーにも使えますね。